« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月21日 (火)

清水発-03・14年10月20日(月)

曇り・気温・15.3~23.7℃141020_sora141020_kaze141020_tenki
12時-静岡市曲金・22.5℃-南-1.6 m -日照 0.0  
湿度・56%-気圧・1023.8hPa。
日の出/日の入り  5:56 / 17:06
干潮時(潮位) 9:11(64) / 21:47(60)
満潮時(潮位) 3:12(132) / 15:29(145)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
潮    中潮・濁り 笹141020_chouka
潮流向 焼津 ・場所 鯛場
沖風向 -13:30-南西-微風
釣行 10:00~13:30
釣果 鯖河豚

続け様の台風の襲来で,暴風での被害は少なかったが,大雨での土砂崩れ等で河川からの泥が今だ治まらない。今回の釣行も迷っていたが,先週まで沖で操業をしていたシラス船が通常の岸付近にいるので,河口から離れれば活性は戻っていそうだ。マリーナの桟橋から見下ろすと,山間部に多く降ったのだろうか,平野を流れる巴川が入っている港内の濁りは引いていた。
場所は,泥濁りを考えて興津や由比を避けて鯛場から駒越に決めた。
鯛場は,2枚潮で海面から10m位が焼津方向に速く流れていて下層は止まっている。
1投目から2本鉤掛けの鉤素が2本共切られた。
頗る河豚の活性が高い。
掛けても途中で切られてしまう。しかし重量があるので気にはなる。
河豚だと解っているが重量もあるし,いとも簡単に切られるので意地になって,太刀用のワイヤー針を使った。姿を現した物は,2本針に2尾の30cm越えの鯖河豚だった。これだけ大きな黒鯖河豚なら,充分に食することも可能だが,いくら自己責任にしても,食に携わる人間が免許なしで捌くことはできないので,解放をした。
予備の仕掛けも切られてしまったので,南下をして駒越の深場に移動しようかと思っが,青空になって風が東に傾いて来た空が再び雲が覆った。天気図では南側に低気圧の気配がなかったので,この曇の中心が何処にあるのか解らなくて風が読めない。晴れていれば,樺太付近の低気圧に向かって南西の風が吹くのだが,曇り空で北寄りの風が吹き始めて来たてめ南下は止めにした。
11時半以降は,どの方向の風が強くなっても良い様に,三保灯台前の深場を探った。

沖からの風景・山立て

141020_taiba 141020_taiba01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

清水発-02・14年10月01日(水)

晴れ・気温・21.6~27.1℃141001_sora_2
12時-静岡市曲金・25.9℃-南東-3.2 m -日照 0.9  
湿度・59%-気圧・1015.1hPa。
日の出/日の入り  5:41 / 17:31
干潮時(潮位) 3:17(48) / 15:45(102)
満潮時(潮位) 10:26(135) / 21:05(134)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
潮    小潮・濁り 笹
潮流向 興津 ・場所 薩埵
沖風向 -12:30-南東-最大5.1m/s
釣行 10:30~12:30
釣果 ・・・
 フィリピン海沖の台風の影響で東寄りの風が吹くので,何時もの午前に北東,午後の南西と云う風にはならないはずなので,本日の釣行は薩埵に決めた。
パラダイスさんから「良くない」との情報を頂いたので,前から続けている薩埵の東海道線のトンネル前から石廊埼に向かって,昔船頭さんが云っていた「底無し」での「縦の釣り」を試みた。以前に0~150mまでをやったので今日はそこから始めることにした。
 弱い東の風と潮が同調しているので舳はぶれないが,錘の降下中に道糸の張りに違和感がある。着底後,ふけを取って道糸を立てると以前の釣行時に150mの地点なのに170m出ている。取り敢えず仕掛けを回収すると鉤素が道糸にまで絡んでいるので,底は動いていない可能性がある。
底から40m辺りから水深50mの間で道糸にテンションが掛り,表層よりも速い興津方向の流れある。今までの経験から上層の方が流れが速いのだが,どうも下層が速いようだ。そして底付近が止まっている。2枚潮どころか3枚潮になっている。全く訳が解らないが,結局のところ狙い棚は潮が流れていないことなのだろう。
12時頃から急に東の風が強くなり,南に変わり始めたので沖を揚がった。
今回は,風の為にできなかったが,流れのある棚に仕掛けを置いた方が良いのか,次の機会に試してみよう。

沖からの風景・山立て

141001_satta01 141001_satta02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »