« 清水発-08・12年10月24日(水) | トップページ | 清水発-10・12年11月10日(土) »

2012年11月 5日 (月)

清水発-09・12年11月03日(土)

晴れ・気温・10.9~20.9℃121103_sora121103_tenki121103_kaze
12時-静岡市曲金・17.9℃-南東-2.2 m -日照 1.0 
湿度・49%-気圧・1017.7hPa。
日の出/日の入り  6:09 / 16:51
干潮時(潮位) 1:11(25) / 13:27(90)
満潮時(潮位) 8:01(150) / 18:52(143)
波(m)外駿河湾  2.5メートル後2メートル121103_choukou
清水・平均有義波-0.30m・周期-5.2秒・波向-SW 
潮      中潮
濁り  笹
沖風向 北~13:00-静穏
潮流向 清水港
場所 興津中町~薩埵沖・12:00-温度16゜水温18゜   
釣行 09:00~13:00
釣果 倉掛トラギス・チビ甘鯛

121103_chouka昨夜は、天気図から晴天と思って、就寝したのに起床時にカーテンを開けると、曇天で今にも降りだしそうだ。天気図を見直すと高気圧に覆われていて間違いがない。明るさが増してくると、北の空に所々に青空が見える。今日も単独ではないので、天気図を信じて決行することにした。
前回の帰路の車中でtomo君と大物ではないが、小気味よい鱚の当たりの話をしていたため、yoko君が鱚を釣ってみたいと云うので、一度もやったことがないが、「落ち鱚」を試してみた。経験がないが、夏のように群れが散って広範囲で釣れることは無いと思うが、何処か潮の穏やかな場所とか、窪みとかに小単位の群れでいるはずと踏んで、取りあえず夏のポイントに行って、そこから沖に掛けて流すことにした。しかし、潮が悪くて活性が低いのか、それとも鱚そのものが居ないのではないかと半信半疑で釣りをしていると、今一つ気が乗らない。121103_yoko_amataiテトラで囲まれた穏やかな場所で、鉤素を全部切られてしまうほどの、草河豚の猛攻にあい活性が低くないと判断して、水深20の沖に行くことにした。tomo君達は鱚を狙っているようだが、自分は飽きてしまってテンヤしているとエソが釣れた。どうも潮がゆるくて、浮遊したクラゲと此奴が釣れる時は、貧果で良い思いをしたことがない。11時まで粘ったが当たりが無いので、去年tomo君が甘鯛を釣った場所に移動した。ここも、上潮だけが動いて底潮は止まっているようで、当たりが無い。そんな中で、基本を忠実にこなすビギナーのyoko君だけが、小物だが釣果を上げて行く。経験値が邪魔をしているのか、潮の良し悪しだけで誘いも、おろそかになっている私には、初心を再確認させられる。

沖からの風景・山立て

121103_satta 121103_okitu 121103_asuka2 

|

« 清水発-08・12年10月24日(水) | トップページ | 清水発-10・12年11月10日(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/56048160

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-09・12年11月03日(土):

« 清水発-08・12年10月24日(水) | トップページ | 清水発-10・12年11月10日(土) »