« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月20日 (水)

清水発-02・12年06月18日(月)

曇り・気温・20.6~27.7℃120618_soramoyou120618_kaze120618_tenki
12時-静岡市曲金・25.6℃-南 2.3 -日照 0.0    
湿度・61%-気圧・1010.5 hPa。
日の出/日の入り  4:32 / 19:03
干潮時(潮位) 6:47(63) / 18:34(62)
満潮時(潮位) 0:06(132) / 12:47(111)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
清水・平均有義波-0.53m・周期-5.6秒・波向-S
沖堤前・13:00-温度25.1゜水温22゜気圧1010.4hPa。   120618_choukou
潮      大潮120620_taiba
濁り  笹
沖風向 ~13:00-南-最大4.3m/s
潮流向 二枚潮
場所 鯛場・吹き流し・沖堤赤灯前
釣行 09:30~13:00
釣果 底イトヨリ・エソ
120620_eso120620_choukaこのところ、梅雨の最中で低気圧が近づけば東の風が、通り過ぎれば南西の風。読みづらい。
今日も、北陸から日本海にかけて降水、沖に停滞前線、フィリピン海に台風。日本海の雨雲が近づくにつれて、南の風が吹きそうだ。うまく行けば駒越まで南下できるかもしれない。それに、そろそろコマセも面白くなってきたし、台風が近づいているので、鱚の荒食いもありそうだ。また、状況が急変しそうならば仕度が楽なテンヤが有効になる・・・。結局、すべての準備をして家を出た。
 前浜では、テトラを超えるほどウネリではないが、沖に泡の帯ができている。ここで鱚を諦めた。河岸を払って、鎌ヶ埼を廻ると、低気圧のウネリに台風からのウネリが重なり波長が短くて目が回ってしまう。二枚潮で上潮は飛ぶように流れていて、下潮は動いていない。ここで、テンヤを諦めて、上潮を切るために重い仕掛けのコマセ釣りにした。鯛場は、今のところ風は無いのだが、このウネリに少しでも風が吹けば釣りどころではなくなる。ここで、南下をするのを止めて、五中前の50で始めたが、餌取りが多くて早い手返しで酔い始めて来たので、吹き流し前まで移動した。
ここも鯛場と同じで下潮が動いていない。一流し目で良い当たりがあり、50cm越えのエソを上げた。その後、低気圧のウネリが治まり波長が長くなったので、沖堤前に移った。ここも同じ潮で止まっている。1時間ほど粘って、やっと動きだしてイトヨリを上げた時から風が吹き始めて30分で4mまで達したので沖を揚がった。今回は、何か消去法の釣りになってしまった。

沖からの風景・山立て

120620_bouseimaru 120620_kouro_yamadate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

2012-06-04(月) 浜名湖弁天・潮干狩り

12時・浜松市・23.2℃・降水量-0.0mm・南-3.5m・日照 0.9  
・湿度66%・気圧1015.3hPa。      
浜名湖・舞阪・弁天島・高橋貸船店前
日の出/日の入り     4:36 / 18:59
潮     大潮
干潮(時間)潮位(cm) 11:51(-8)
満潮(時間)潮位(cm) 4:35(121) / 18:31(121)
渡船料  1200円
時間   11:00~14:30
120604_tenki 120604_benten

昼間にマイナスまで引けると聞いて
お父さんのウェーダーを借りてのリベンジ(^_^)/

120604_takahasi_05 120604_takahasi_03 120604_takahasi_02

前回は、大型連休明けと云うこともあり、苦戦したけれど、
今日は、大漁で大粒だけ、揃えることができた。

120604_benten_01 120604_benten_02 120604_benten_03

干潟にトイレは無いけれど、携帯電話で頼めば
直ぐに来てくれる。
場所が近いから、子供の「ウンチ~」にも対応できそう(*^^)v

120604_asari_01 120604_asari_02

「台風の影響で、潮が満ちてこなかった」すいか
「へぇ~。そんなことがあるんだ」さるかん
「貸し船屋の船頭さんが言っていた。」すいか

さるかんが云うには
今年は、6月の21日、7月の1日と8月の1日を含む週が、子供を連れて行っても良さそうです。

以上、スイカでした。∠('-')

※編集 さるかん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

清水発-01・12年05月30日(水)

うす曇り・気温・15.2~23.1℃120530_soramoyou120530_kaze120530_tenki
12時-静岡市曲金・22.1℃-南 2.3 -日照 0.4    
湿度・61%-気圧・1018.4 hPa。
日の出/日の入り  4:34 / 18:54
干潮時(潮位) 6:47(63) / 18:34(62)
満潮時(潮位) 0:06(132) / 12:47(111)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
清水・平均有義波-0.31m・周期-5.6秒・波向-SW120530_choukou
駒越・13:00-温度20.4゜水温19゜気圧1018.6hPa。   
潮      長潮
濁り  笹
沖風向 ~13:00-南-最大6.1m/s
潮流向  興津120530_kita_kumo
場所 興津・吹き流し
釣行 11:00~13:30
釣果 (@_@;)
 昨日の西部から中部山間部の大雨で泥濁りになっているかと思ったが、前浜から見る海は、多少の濁りはあるものの影響はなさそうだ。そろそろ駒越辺りで、コマセ釣りをしたいところだ。しかし、北側の雲が、数日前に入り込んだ上空の寒気で不安定だった天候のピークは過ぎたが気に掛る。河岸を払い、真埼を廻ると無風状態になっている。間もなく南の風が吹くだろう。そこで南下を諦めて興津前にある黄色のブイを起点として、30mラインを確かめることにした。この辺りは、灯台からの南北のラインから90度近く曲がり由比方向に向かっている。その曲がり角から興津川を挟んで薩埵までの間の駆け上がりを流した。中町前までは、傾斜が30mから落ち込んでいて、南高沖のような50mラインが掴めない。浅場は、河豚の活性が高くて孫針が直ぐに切られてしまった。しかし、潮を考えると魚影は濃いのではないかと思われる。今後、目標が定まらない時には、調べる価値はありそうだ。昼過ぎから南の風が吹き始めたので、裏になる吹き流し前まで移動したが、風が強すぎて操船に手が掛り、当たりを取ることができなくなったので沖を揚がった。

沖からの風景・山立て

120530_okitu_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »