« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

清水発-25・12年04月25日(水)

晴れ・気温・15.8~23.5℃120425_soramoyou120425_kaze120425_tenki
12時-静岡市曲金・22.4℃-南南西 3.0 -日照 1.0    
湿度・57%-気圧・1013.6 hPa。
日の出/日の入り  5:02 / 18:27
干潮時(潮位) 1:07(70) / 13:29(13)
満潮時(潮位) 6:41(137) / 20:15(134)
波(m)外駿河湾  1.5メートル120425_choukou
清水・平均有義波-0.37m・周期-6.4秒・波向-SSE
吹合・13:00-温度21゜水温18゜体感温度**゜気圧1013.1hPa。   
潮      中潮
濁り  笹
沖風向 -13:00-南-最大3.4m/s
潮流向  ****120425_kumo
場所 鯛場・灯台前・吹合
釣行 10:00~13:30
釣果 (T_T)
 河岸を払い。鎌ヶ埼を廻ると鯛場には、1艇も居ない。ほとんどが駒越に集中しているようだ。手前船頭の船釣りを始めて10年になるが、何時もは船団の端での釣行で、入ることのできない高嶺の場所が貸切状態なのだ。下がどのような状態になっているか、非常に興味があり、駒越辺りの帰港時などの時間外に魚探の映像での底を見たことが何度もあるが、百聞の域を出ない。釣れる釣れないは別にして、自分の頭の中の海底図の空き地を埋めるためにも実際に仕掛けを底まで落としてみた。
11時になり、南風が吹く前に南下も考えたが、昨日からの急激な温度上昇で竜爪方向に、雷雲に発達しそうな雰囲気の雲があり、帯電の危険性を考慮して直ぐに港に入れるように吹合に移動したが当たりはなかった。マリーナでの雑談で南高沖より南に釣果があったようだ。先週に非難していた物が南高まで戻って来たのだろうか。水温も18度に達したので、そろそろ鱚のシーズンの到来だろう。
マリーナで先に揚がっていたパラダイスさんの釣果を見せていただいた。40cm以上はあるだろう、良形の黒鯛だった。港内の黒鯛は、水面近くのイガイを主に捕っているのでクセがあるが、磯場の寒鯛や沖の物は上品である。

パラダイスさんの釣果

120425_paradise_tai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

清水発-24・12年04月18日(水)

晴れ・気温・9.3~20.0℃120418_soramoyou120418_kaze120418_tenki
12時-静岡市曲金・18.8℃-南南東 2.3 -日照 1.0    
湿度・53%-気圧・1017.3 hPa。
日の出/日の入り  5:11 / 18:21
干潮時(潮位) 9:59(40) / 22:07(47)
満潮時(潮位) 3:45(133) / 16:08(128)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
清水・平均有義波-0.28m・周期-6.0秒・波向-SSE
駒越・13:00-温度16.8゜水温16゜体感温度16゜気圧1017.1hPa。   
潮      中潮120418_choukou
濁り  笹+浮遊物・藻
沖風向 -13:00-南南東-最大2.7m/s
潮流向  焼津・速
場所 鯛場・駒越
釣行 10:00~13:30
釣果 鯖河豚(解放)
120418_chouka今回も風を考慮してテンヤにした。コマセ釣りは、効かせるまでに時間が掛かるが、テンヤは即決なので、今日のような何時吹き出すか分からない時のポイント探しには向いている。
前回の濁りも、そろそろ引いた頃合いと思い沖に出たが、所々で赤い粒のような物が集まった所もあり、海中に藻のような浮遊物が吹雪きのように流れている。厳しい2枚潮で何所かに滞っていた物が一揆に流れ出した感じだ。それがテンヤの糸に絡み付き、潮流の抵抗が大きくなって底を取ることができない。巻き上げ時には、ガイドトップに団子状になって、細かい繊維が不織布のようになり、PEの場合は取り除くことができなくなる。水面が青く見える駒越まで南下したのだが、ここも水中が2層に分かれていて下の層には褐色の藻が絡み付いて釣りにならない。上の藻の無い層は、鯖河豚が多くて孫針を直ぐに切られてしまった。写真用に1尾だけイケスに残し、後は船べりでリリースをした。

沖からの風景・山立て

120418_simizujc 120418_toukai 120418_komagoesw 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

清水発-23・12年04月13日(金)

晴れ・気温・11.1~21.7℃120413_soramoyou120413_kaze120413_tenki
12時-静岡市曲金・20.6℃-南南東 2.2 -日照 0.8     
湿度・46%-気圧・1008.8 hPa。
日の出/日の入り  5:17 / 18:17
干潮時(潮位) 3:55(91) / 16:38(35)
満潮時(潮位) 8:57(116)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
清水・平均有義波-0.52m・周期-7.4秒・波向-SSE
灯台前・13:00-温度17.2゜水温15゜体感温度14゜気圧1009hPa。   
潮      小潮120413_choukou
濁り  笹+泥
沖風向 -13:00-南-最大3.8m/s
潮流向  ---
場所 鯛場・五中・灯台前
釣行 10:00~13:30
釣果 ショウサイ河豚
120413_chouka仕事休みに合わせたように風が吹く・・・・。
北側に発達した低気圧があるため高気圧に覆われても強い南西が吹き、この1ヶ月、前浜まで出て沖のウサギを見て、そのまま引き返しす日が多かった。
 今回は、前線を伴った低気圧が西から迫ってはいるため、北から東に吹くはずで、雲ってくれば、この界隈は石廊埼を回りこんで南寄りの風が吹くだろう。パラダイスさんから「ノッコミ真鯛の50cmを上げたよ」とのメールで、慣れたコマセにしようかと考えたが、ノッコミ中ではあるが、風に備えて装備を軽くしてテンヤと深場の仕度をした。前浜に出ると、風は吹いてはいないが、前日の荒天でのウネリが、まだ残っていてテトラから100m位の沖に泥泡の帯がある。完全に底荒れ状態だ。こんな時は、300m以上の底物を狙うのだが、沖に出ると少し波長が短く固めの竿を使っているので、穂先が踊ってしまって釣りにならなくなってしまうため、テンヤに専念した。80mまで落としたが、水面から20m位以上になると当たりが無くなってしまう、思いのほか底荒れがひどいのだろう。最低気温も5度以上になってきたし、機関の様子も診ることもできたので今後に期待しよう。

沖からの風景・山立て

120413_taiba_yamadate_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »