« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月20日 (土)

清水発-05・11年08月17日(水)

晴れ・気温・25.5~36.7℃110817_soramoyou110817_kaze110817_tenki
12時-静岡市曲金・35.5 ℃-南西 ・5.6m-日照 1.0  
湿度・45%-気圧・1004.5hPa。
日の出/日の入り  5:07 / 18:34
干潮時(潮位) 1:00(58) / 13:07(48)
満潮時(潮位) 6:58(157) / 19:25(162)
波(m)外駿河湾  1.5メートル後2メートル
潮     中潮110817_choukou_2
吹流し前・09:00-温度32・水温29・気圧****.*hPa。
濁り  澄み
沖風向  10:00-南・最大4.6m/s
潮流向  --
場所 清水港・堤防外
釣行 07:00~10:30
釣果 鯖・46cm頭*8 ソーダ鰹
110817_chouka
 最高気温が平均体温を超える日々が続くと、熱が体内にこもり、110817_tomo脱水ぎみになる。この最中に沖に出るのは、水だけでは無く電解質を含む飲み物を併用して飲む必要がある。しかし、こんなにも暑いのなら、もう少し前線が北に行ってもよさそうなものだが、日本海の沿岸にあるために、真夜中以外は、ずっと南寄りの風が吹いている。連日の気圧配置と風の関係を見ていると夜明けから11時頃までは、沖に居ることができそうなので、読み通りになるものか試しにtomo君を誘って沖にでた。風の読みは当たったのだが、連日の南の風のためだろう、波長の短い高波が寄せて、鎌ヶ埼を廻ることができない。110817_saruknそこで、ムラはあるが去年の真夏に吹流し前で鯖が来ていたので、波が治まることを期待して釣行を開始した。開始、早々に舳先のtomo君の竿が、前回の鯖が2本掛かった以上のしなり方している。彼の気を削ぐことなく艫で声を掛けずに見ていたのだが、私がタモの用意をした瞬間にバラシテしまった。tomo君には酷が、せめて姿だけでも見たかった。風がより強くなり波も高くなっために沖を揚った。波のために広範囲で流すことができなかったが、満足の釣果であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »