« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月25日 (金)

清水発-22・11年02月23日(水)

晴れ・気温・3.6~15.6℃110223_soramoyou110223_kaze110223_tenki
12時-静岡市曲金・13.9 ℃-北東・2m-日照 1.0      
湿度・35%-気圧・1025.8hPa。
日の出/日の入り  6:24 / 17:36
干潮時(潮位) 2:13(49) / 14:56(22)
満潮時(潮位) 8:15(145) / 21:28(120)
波(m)外駿河湾  2.5メートルうねりを伴う
潮     中潮  110223_choukou
興津川東・14:00-温度14.0・体感温度13.2・水温14.0・1025.0hPa。
濁り 澄み
沖風向  11:00-東北東・最大5.6m/s~静穏~15:30-南・最大3.6m/s
潮流向  興津
場所 港内~興津川東 50~100m
釣行 11:00~15:30
釣果 ヒメコダイ クラカケトラギス

110223_chouka_2

高松海岸に出ると、沖は高気圧からの地表に叩きつけるような北東の風が富士山から吹いている。前日からこの風は、予想していたが、海面が白く見えるほど強くなっている。朝の時点で高気圧の尾の先端にいて、風の曲がり角にいる。その後ろで気圧が反転している。時間と共に今吹いている風が拮抗する時があるはずで、その時に富士山の様子はどうなっているのか自分の身体で感じたく、単独での釣行ならば、その場から引き返すところなのだが、今日は、tomo君と一緒なので、私の天気図からの読みと、観天望気のスキルを上げるために、河岸を払った。先ずは、港内で太刀を釣りながら様子を見ることにした。110223_live思った以上に強い風で、読み間違えの不安な気持ちで、西の空と富士山に掛かる雲を観察ていると、昼すぎに富士山の雲が消え西に雲が現れて読み通りに拮抗した。次に南の風になるまで沖防波堤の外の出入り口付近で甘鯛を狙った。一投目からtomo君の竿に良形のクラカケトラギスが掛かった。この魚は、甘鯛の案内人なので場所的には間違いは無い。次にヒメコダイ。これでソコイトヨリが来れば次は本命なのだが、ここで南の風が吹き始めて時間切れで沖揚り。今回はtomo君だけの釣果で船中、丸ぼうずにならずに良かった。

沖からの風景

110223_okitei_aka

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

清水発-21・11年02月16日(水)

晴れ・気温・2.9~14.7℃110216_soramoyou110216_kaze110216_tenki
12時-静岡市曲金・12.6 ℃-南南東・2m-日照 1.0   
湿度・49%-気圧・1026.5hPa。
日の出/日の入り  6:32 / 17:29
干潮時(潮位) 10:21(75) / 22:31(-6)
満潮時(潮位) 4:50(138) / 15:42(136)
波(m)外駿河湾  1.5メートル
潮     大潮  110216_choukou
興津川西・14:00-温度13.6・体感温度10.3・水温13.0・1025.8hPa。
濁り 澄み
沖風向  14:30-南・最大4.5m/s    
潮流向  岸へ
場所 山下トンネル前・太刀場~興津川東~西 50~150m
釣行 12:00~14:30
釣果 (T_T)
 tomo君の休みと久しぶりに好天と一致した。tomo君の今年の初釣行とあって、年間を通して意外と釣りむらのない中深にし、山下トンネル前の太刀場と、甘鯛のリレーをすることにした。太刀は、その場所に居れば何らかの反応を見せるので、粘らずに様子を見る程度にして後は、ゆっくり甘鯛を狙った。前日の河川の上流に降った積雪で雪解け水の影響だろうか、潮目が今まで見た事の無い大きな網の目のようになっていて、海水面近くの温度は、13度もあるのに海水が凄く澄んでいた。何とか形を見ようと以前より実績のあるポイントを廻ったが、海に活性が全く見られない。刺餌に触れる者も居なく、まるで深夜の商店街のようだ。この状況は、当分続くのだろうか・・・。

110216_yamanami 110216_satta 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

清水発-20・11年02月07日(月)

晴れ・気温・3.8~15.5℃110207_soramoyou110207_kaze110207_tenki
12時-静岡市曲金・14.2 ℃-東・3m-日照 1.0
湿度・28%-気圧・1006.5hPa。
日の出/日の入り  6:41 / 17:21
干潮時(潮位) 1:19(24) / 13:46(43)
満潮時(潮位) 7:44(145) / 19:39(132)
波(m)外駿河湾  3メートル110207_choukou
潮     中潮 
灯台前・14:00-温度14.7・体感温度14.2・水温12.0・1007.2hPa。
濁り 澄み
沖風向  14:30-南東・最大1.4m/s    
潮流向  岸へ
場所 倉沢~薩埵  200-450m
釣行 12:00~14:30
釣果 (T_T)
 前回に比べると倍近くの気温の上昇で野外での遊びも楽になる。快晴、無風でベタ凪の時は、白い船上と海面の反射で外気温より高く感じる。実際に腹の位置で拳1つ分離した箇所で計ってみると19度もあった。面白いので真夏に、この条件下で行ってみよう。今回は、薩埵沖の基準点を作るために、その付近で釣行をし、前回のトンネル前の瀬の先端を探すことにした。普通の瀬は、海岸線から垂直に伸びているため、あらかじめ海底地形図で確認して先端の急に落ち込んでいるところを探すべく200mから沖に向かって流すつもりでいたが、風と流れが逆で岸方向だっため、110207_satta深い方から、なだらかになる場所をさがした。やはり手が返しに時間が掛かり特定が難しい。決して速くない流れなのに2~3m/秒で崖に近く当りも無かった。200mでは、錘が着底して直ぐに小さな当たりはあるが乗ってこない。当たり具合から太刀モドキではない感じがする。今回で、可也大まかであるが、先端は、N35゜03’30”:E138゜34’付近だと思われ、これから精度を上げていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »