« 清水発-21・11年02月16日(水) | トップページ | 清水発-23・11年04月01日(金) »

2011年2月25日 (金)

清水発-22・11年02月23日(水)

晴れ・気温・3.6~15.6℃110223_soramoyou110223_kaze110223_tenki
12時-静岡市曲金・13.9 ℃-北東・2m-日照 1.0      
湿度・35%-気圧・1025.8hPa。
日の出/日の入り  6:24 / 17:36
干潮時(潮位) 2:13(49) / 14:56(22)
満潮時(潮位) 8:15(145) / 21:28(120)
波(m)外駿河湾  2.5メートルうねりを伴う
潮     中潮  110223_choukou
興津川東・14:00-温度14.0・体感温度13.2・水温14.0・1025.0hPa。
濁り 澄み
沖風向  11:00-東北東・最大5.6m/s~静穏~15:30-南・最大3.6m/s
潮流向  興津
場所 港内~興津川東 50~100m
釣行 11:00~15:30
釣果 ヒメコダイ クラカケトラギス

110223_chouka_2

高松海岸に出ると、沖は高気圧からの地表に叩きつけるような北東の風が富士山から吹いている。前日からこの風は、予想していたが、海面が白く見えるほど強くなっている。朝の時点で高気圧の尾の先端にいて、風の曲がり角にいる。その後ろで気圧が反転している。時間と共に今吹いている風が拮抗する時があるはずで、その時に富士山の様子はどうなっているのか自分の身体で感じたく、単独での釣行ならば、その場から引き返すところなのだが、今日は、tomo君と一緒なので、私の天気図からの読みと、観天望気のスキルを上げるために、河岸を払った。先ずは、港内で太刀を釣りながら様子を見ることにした。110223_live思った以上に強い風で、読み間違えの不安な気持ちで、西の空と富士山に掛かる雲を観察ていると、昼すぎに富士山の雲が消え西に雲が現れて読み通りに拮抗した。次に南の風になるまで沖防波堤の外の出入り口付近で甘鯛を狙った。一投目からtomo君の竿に良形のクラカケトラギスが掛かった。この魚は、甘鯛の案内人なので場所的には間違いは無い。次にヒメコダイ。これでソコイトヨリが来れば次は本命なのだが、ここで南の風が吹き始めて時間切れで沖揚り。今回はtomo君だけの釣果で船中、丸ぼうずにならずに良かった。

沖からの風景

110223_okitei_aka

|

« 清水発-21・11年02月16日(水) | トップページ | 清水発-23・11年04月01日(金) »

コメント

先日はお世話になりました。当日は中止かな?と思う程の風でしたが、さるかんさんの「この風は昼過ぎには必ず止むよ」の言葉を信じ、やはり苦戦している遊魚船に眼をやりながらその時を待っていました。もう遊んでいる船が居なくなった昼過ぎに、本当に風が止むとは思いませんでした。ただただ脱帽です。たまたま僕が釣れたのも、子機で一生懸命糸をたたせてくれていたお陰でして、申し訳なく思いました。ですので、釣れた魚達は本命ではないですが、大事に頂きました。思いのほか美味しく頂く事ができ、娘が勢いよくムシャムシャ食べる姿がまた、嬉しくもありました。苦労しましたからね。(^-^;それと、それと物は書けませんが有名なお土産まで頂き家族そろってリッチな夕飯となりました。そおいえば、あの晩は寝るまでずっと燕号に居るような感じで揺れていました。これでまた船に強くなれそうです。(゚ー゚)

投稿: | 2011年2月26日 (土) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/50967847

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-22・11年02月23日(水):

« 清水発-21・11年02月16日(水) | トップページ | 清水発-23・11年04月01日(金) »