« 清水発-08・10年08月25日(水) | トップページ | 清水発-10・10年09月17日(金) »

2010年9月 2日 (木)

清水発-09・10年09月01日(水)

晴れ・気温・27.1~34.2℃100901_soramoyou100901_kaze100901_tenki
12時-静岡市曲金・31.5℃-南南東・3m-日照 1.0     
湿度・60%-気圧・1018.8hPa。
日の出/日の入り  5:19 / 18:14   
干潮時(潮位) 3:26(53) / 15:01(103)
満潮時(潮位) 10:13(129) / 20:48(142)
波(m)  1.5メートル 
潮     小潮  100901_choukou
羽衣前・10:30-外気温28.8・水温28.0・1019.1hPa。 
濁り 笹
沖風向  10:30-東 ・最大1.8m/s
     12:00-南 ・最大4.2m/s 
潮流向  焼津
場所 鯛場~駒越東
釣行 09:30~12:30
釣果 (T_T)
9月1日。鯛場や鎌ヶ埼漁場の休漁が明ける。今年は、4・5月と寒波や天候で釣行できないまま、6月からの休漁に入ってしまったために、特に長く感じた。
 100901_taiba鯛場のようなポイントは、多くの船が一斉にコマセを撒くので魚が集まり、釣上げる確立はグンと上がる。しかし、自分は、鯛場の船団での釣りは、好きではない。船に乗り始めて3,4年のもすると、色々な経験を積み自艇の挙動の癖も分かり舳先の軸が、ぶれなくなってきたころに、鯛場の船団の中に入って釣りをしたのだが、多人数で誰かが釣りを諦めて船頭に専念すれば別だが、手前船頭では、周りの船の動きが気になって、楽しくない。仕事ならば我慢もするが、遊びは楽しくなくては駄目だ。それよりも自分は、条件が揃わないとできないが、五中から南高辺りまで、大きく流すのが好きだ。そこは、2ヶ所の谷があり、水深も5倍の開きがあり、沢山の棚を探ることができるので、多種の魚に出会うことができる。
 マリーナの桟橋で仕度をしていると、沖を揚った「マリ」さんが帰ってきた。釣果を伺うと鯖が多すぎると言って、良型の鯖を見せていただき、ポイントと棚を教えていただいた。河岸を払って、教えていただいたポイントへ行こうかと思ったが、4ヶ月待ったので、とりあえず五中前の潮を見ることにした。五中前は、小潮で少し遅いが、風もそよ風程度で条件が揃っているため、今回は、五中から流すことにした。羽衣前は、兎に角、餌取りが多い。多分、底を取っているうちには、餌が取られているのだろう。他の場所も飽きない程度に当たりがあるが、乗ってこなかった。ミャク釣り竿なら乗るかもしれない。3時間かけて駒越東まで流したところで、ペットボトルの飲み水も無くなり、風が強くなったので沖を揚った。

沖からの風景

100901_gochumae 100901_hagoromo

|

« 清水発-08・10年08月25日(水) | トップページ | 清水発-10・10年09月17日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/49327606

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-09・10年09月01日(水):

« 清水発-08・10年08月25日(水) | トップページ | 清水発-10・10年09月17日(金) »