« 2010-06-28(月) 浜名湖弁天・潮干狩り | トップページ | 清水発-06・10年08月18日(水) »

2010年8月 7日 (土)

清水発-05・10年08月06日(金)

晴れのち曇り・気温・25.0~31.3℃ 100806_soramoyou100806_kaze100806_tenki
12時-静岡市曲金・30.4℃-南・4m-日照 0.9      
湿度・74%-気圧・1020.7hPa。
日の出/日の入り  4:59 / 18:45   
干潮時(潮位) 8:02(42) / 20:54(113)
満潮時(潮位) 0:06(133) / 15:46(140)
波(m)  1.5メートル 
潮     若潮  100806_joukuu
灯台前・11:00-外気温30.0度・水温28.0度 
濁り 笹
沖風向  11:00-南東・最大4.2m/s
        12:30-南東・最大5.6m/s
潮流向  ****
場所 沖堤赤灯・真埼
釣行 11:00~13:00
釣果 (T_T)全て解放

 100806_kansokutenirousaki仕事の休み日と雨の周期が一致してしまって、1ヶ月以上も「燕」を降ろすことができなかった。今日も北に厚い雲があり、それに向かって南寄りの強い風が吹いている。発達すれば、より一層に風が強くなるだろう。高松からの見る海上は、風は弱いのに叩きつけているのだろうキラキラとしてザワついている。これでは沖に出ての釣行は望めず、何時もなら諦めてUターンをしているのだが、自動車とは違い飛行機とまでは言わないが、船も機関の異常は命取りになりかねないため、定期的に機関を駆動して調子を維持することも大事なことなのだ。今回は、自家製の小物五目仕掛けで日ごろ素通りをしてしまう場所を流してみた。航路付近で沖で操業していた船が続々と帰港している。これは、本職の漁師が仕事を諦めるほど荒れている証だ。100806_kouronumazu本格的に荒れるまでは少し間があるはずなので、灯台前で海の様子とデーターを取り、まだ風が強くなかったため、沖堤の赤灯台前の小鯵のポイントより沖を流した。クラカケハゼやヒメジが釣れてくることから、もっと沖では、甘鯛がいるかもしれない。風が強くなってきたので離岸堤外に移動した。白灯台近くで、サクラダイが掛かるのだが、針を外しているうちに弱ってしまいカモメの餌食になってしまうので真埼側に移動した。夏休み期間は、海水浴場になっているため、投げ釣り師が入ってない。そこで、日ごろ流すことができない海岸近くを流すことにしたのだが、100m以上離してはいるが、コマセを撒くのは気が引けたので、ミャクで灯台まで流したが反応はなかった。

沖からの風景

100806_kamagasaki 100806_masaki 100806_iharakouji_2

|

« 2010-06-28(月) 浜名湖弁天・潮干狩り | トップページ | 清水発-06・10年08月18日(水) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/49089787

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-05・10年08月06日(金):

« 2010-06-28(月) 浜名湖弁天・潮干狩り | トップページ | 清水発-06・10年08月18日(水) »