« 清水発-01・10年05月31日(月) | トップページ | 清水発-03・10年06月18日(金) »

2010年6月 8日 (火)

清水発-02・10年06月07日(月)

晴れ後曇り・気温18.9-25.8℃100607_soramoyou100607_kaze100607_tenki
12時・静岡市曲金・25.2℃・南-3m・日照 0.3       
・湿度64%・気圧1017.0hPa。
清水港・日平均 - 有義波-0.25m・周期-5.2秒
・最多波向-WSW
日の出/日の入り  4:32 / 18:58   
干潮時(潮位) 7:36(58) / 19:12(81)
満潮時(潮位) 0:39(127) / 14:01(110)
波(m)  1.5メートル後2メートルうねりを伴う 
潮     長潮 
興津・11:00-外気温23.5度・水温19.0度 100607_joukuu
濁り 笹+青
沖風向 11:30-南南東-最大5.8m/s
    
潮流 ----
場所 沖堤・白 離岸堤・外
釣行 11:00~13:30
釣果 小魚各種(鯖子・豆鯵・瓜坊・片口鰯)

100607_chouka

 天気図から東の風が午後から、ゆっくり夕刻までに南の風に変わると読んで就寝したのだが、今朝、自宅を出る時には既に弱い南の風が吹いていた。北に高気圧があるため強い風は吹かないだろうと河岸を払って、沖に出ると5mを超える風が吹いていた。この強さの風になると、船の中心ではなく右舷側に設置している補機で風の力を相殺しているので出力を上げると舳先が安定しなくなる。青物狙いならば何とか釣行できるが、年季の浅い私の手前船頭では深場の底を取ることができない。
雲と海上の様子を見ながら低速で沖堤白灯台まで来ると魚探に大きな反応があり、サビキを落としてみると鯖子が鈴なり。しかし、真正面からの風波と堤防からの返しの波でヨタって取り込みがた大変なため、長いはせずに、そのまま魚探で小魚を拾いながら離岸堤まで行った。今年は、鯖子と瓜坊が多い。一向に風が治まる様子が無いので沖を揚った。

沖からの風景

100607_kansokuten 100607_jcg_m06

|

« 清水発-01・10年05月31日(月) | トップページ | 清水発-03・10年06月18日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/48578227

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-02・10年06月07日(月):

« 清水発-01・10年05月31日(月) | トップページ | 清水発-03・10年06月18日(金) »