« 09/12/02 (水) 順延 | トップページ | お餅つき »

2009年12月15日 (火)

清水発-15・09年12月14日(月)

晴れ一時曇り・気温10.0-14.5℃091214_kaze 091214_jikkyo 091214_tenki
12時・静岡市曲金・14.5℃・南南東-3m・日照 1.0    
・湿度58%・気圧1013.2hPa。
清水港・日平均 - 有義波-0.44m・周期-4.1秒
・最多波向-SW
日の出/日の入り  6:46 / 16:36 
干潮時(潮位) 9:54(92) / 22:15(12)
満潮時(潮位) 4:40(140) / 15:09(139)
波(m)    2メートル後3メートル 
潮     若潮
真埼・11:30-外気温13.2度・水温14度091214_choukou  
濁り やや笹濁り
沖風向 11:30-北東-最大5.5m/s 
    14:30-南西-最大4.8m/s
潮流 
場所 港内
釣行 11:30~14:30
釣果 (T_T)

 091214_sora091214_kouro 寒波の接近と年末年始のことを考えると、月に一度ぐらいは、船の機関を作動させることも大事なメンテナンスになるために、曇り空で決して釣り日和とは言えないが、午後から晴れて温度が上がれば、今吹いているだろう北東の風が南寄りに変わることを期待してマリーナに出掛けた。河岸を払って真埼を回ると富士山からの吹き降ろしの風が5.5mでとても外海に出ることはできない。 港内ではシラス舟が操漁しているので、中央の太刀はあきらめて、カワハギの反応があるか風裏を流した。内浜沖から始めたが、投げ釣りの人が入ったので、航路渡り沖堤の内側に行った。次に風が南に変わったため軽金の角へ移動。今回、気付いたことだが船を風裏で堤防と平行にしてベタになっている所まで近づけていくと「す~」という感じで岸壁に吸い寄せられる。多分、船より高い堤防ため乗越えた風が回り込んでいるためではないだろうか。引き波と重なると危険を感じる。
沖提では、堤防に近づくことができないためか反応はなかった。昼過ぎに期待していた凪にならずに、いきなり真逆の風が吹き沖を揚がった。

沖からの風景

091214_rigantei_suiro

|

« 09/12/02 (水) 順延 | トップページ | お餅つき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/47031487

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-15・09年12月14日(月):

« 09/12/02 (水) 順延 | トップページ | お餅つき »