« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

白浜温泉~ 帰宅

2008年11月12日 水曜日
3日目 白浜温泉~那智勝浦温泉
10:00 白浜・海ゆぅ庭 出発
 ↓ 42号線て思っていたより走りやすい。(*^_^*)
 ↓ 
 ↓ 081112_susami  081112_futago
 ↓ 
 ↓ 
12:00 串本  
 ↓ 潮岬灯台
 ↓ 081112_siotoudai  081112_siotoudai_01
 ↓ 
 ↓ トルコ記念館
 ↓081112_kusimoto_toruko
 ↓ 
 ↓ 「ミカンが半額だ(^-^)/☆」すいか 「そんなに買ってどうするの? 土産に持って帰っても誰も喜ばんぞ」さるかん
 ↓ 
 ↓ 
 ↓081112_hasigui
 ↓
 ↓ 
 ↓ 
15:30 ホテル浦島・駐車場 
 ↓ 駐車場が分かり難い(~_~;) 「6本目の信号機と書いてあるだけで何も無い。橋を渡った信号機に案内が欲しい。」さるかん
 ↓ カメが桟橋に迎えにくる。(゜_゜) 「船は乗りなれているので、演出が返って邪魔になる。」さるかん
 ↓ 081112_urasima_01
 ↓  
16:00 チェクイン・ホテル浦島・山上館  http://www.hotelurashima.co.jp/
 ↓ 岬が丸ごとホテルで、硫黄の良い温泉(^-^)/☆ 敷地が、すごく広いので御風呂巡りが大変。ハナオで指がすれたイタイ・・・~(>_<。)ゝ
 ↓ 山上館は、エスカレーターと地上の御風呂への専用のエレベーターがあるので、長い距離を歩かなくて良い。
 ↓ 「ツアー客が多いので忘帰洞などの人気のある風呂は17時前に済ませた方が無難かもしれない。」さるかん
 ↓ 081112_urasima_04  081112_urasima_03
 ↓ 
 ↓ 
2008年11月13日 木曜日
4日目 那智勝浦温泉~静岡
 ↓ 081112_urasima_02  081112_urasima_05
 ↓ 
09:30 チェクアウト
 ↓ 
 ↓ 
10:00 ホテル浦島・駐車場 出発
 ↓ 
 ↓ 
12:30 道の駅 木つつき木館  三重県度会郡大紀町  http://www.kitutuki.or.jp/
 ↓ 「あっ(^^♪ この長イス安い」すいか 「お~い、他の荷物を降ろさないと車に入らないよ!」さるかん
 ↓ 高速のJCTが多いのでサルカンさんと交代。
 ↓ 
13:30 伊勢自動車道  嬉野(ウレシノ)PA(上)  http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_2/041230403.html
 ↓ 赤福、売っていたo(^o^o)o♪
 ↓ 
 ↓ 伊勢湾岸自動車道 刈谷ハイウェイオアシス http://www.kariya-oasis.com/index.html
 ↓ トイレ、トイレo(^o^o)o♪   「・・・・・(*_*)」さるかん
 ↓ 
 ↓ 東名高速道路  美合(ミアイ)PA(上)  http://www.c-exis.co.jp/sapa/detail_2/011230136.html
 ↓ サルカンさんと交代。家までLet's GO*゚+⊂(・c_<*)))≡3
 ↓ 
 ↓ 
18:30 帰宅 
  「走行距離 1131.2Km その内 570Kmをスイカさんが運転した。」さるかん
  「お疲れさま ルミオン君 また 行こうね (・´∀`・)ノぁωがとぉ♪」すいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

今日の一行

20081121090000


風、強すぎ・・・・(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

2日目 有馬温泉~白浜温泉

2008年11月11日 火曜日

2日目 有馬温泉~白浜温泉
10:00 有馬・兆楽 出発
 ↓「市街地を巡る高速線より吹田から近畿道を使って南下をした」さるかん
 ↓ 岸和田SAで運転手交代p(*゜▽゜*)qガンバ 「此処からが本番だよ」さるかん
 ↓ 
13:30 
 ↓ 宿を確かめてから白浜千畳敷へ
おおきい岩o(^o^o)o♪「岩盤てやつだね。昔の御前崎も凄かったよ」さるかん 
 ↓名所も見たし、さぁパンダ見に行こ(^-^)/☆ 「三段壁も有名だよ」さるかん
 ↓081111_sirahama_01  081111_sirahama_02
 ↓ 
 ↓ 
アドベンチャーワールド   http://www.aws-s.com/index2.html
小さい時に上野のパンダ、見たかったよ~ ねんがん、叶う
 ↓「駐車代1000円で入園料が3800円は、少し高い気がするが・・・」さるかん
 ↓「サファリも楽しめるからね」すいか 
 ↓081111_adventure_01  081111_adventure_02  081111_adventure_03  081111_adventure_04
 ↓
 ↓
16:00 チェクイン・白浜温泉・天山閣 海ゆぅ庭  http://kaiyutei.jp/
 ↓ 値段的に部屋の露天風呂が温泉掛け流しは珍しい
 ↓ お湯の中で、肌がヌルっとする。美肌効果ありo(^o^o)o♪
 ↓ 081111_yumeguri  081111_kaiyutei
 ↓ 
 ↓ 湯めぐりスタンプラリー、始めると途中で終われない。つかれた~(*≧▽≦*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

初日 静岡~有馬温泉

2008年11月10日 月曜日

「紀伊半島を回ると日本国中を巡ったことになるために今年は、まだ行ったことがない潮岬を中心に2泊の旅行を考えた。スイカさんに相談すると、どうも彼女の頭の中では伊豆半島と紀伊半島が同じ大きさのように思えているのではないか、一周したら、ついでに有馬温泉に行こうと軽く言ってくれる。そうなると、強行なスケジュールになり、スイカさんの好きな温泉でゆっくり寛げる時間が少なくなってしまう。そこで、思い切って、もう1泊増やし3泊で計画を 立てた。潮岬は、汽車とレンタカーと云う手もあるが、スイカさんが、運転をすると言うので静岡から自家用車で行くことにした。」さるかん

初日 静岡~有馬温泉
08:30 自宅出発 
 ↓ 生まれて始めての長距離ガンバルぞ(^_^)v
 ↓ サルカンさんが浮かぬ顔。どうもカーナビに新名神が載っていないらしい。え~今年の初めに買ったばっかりのまだ新車だぞ(~_~)
 ↓ 豊田JCTから先が大変になるからと美合SAで交代をさせられた。だいじょうぶナノニ <`ヘ´>
 ↓ だんだん、おバカなことを言い出して亀山JCTをすぎたら画面がグルグル回っていたけど、その内に空を飛んでいるようになった。(^0_0^)
 ↓ 新名神は、空いていたので私が運転して合流地点前でサルカンさんに代わった。
13:30 有馬温泉
 ↓ 宿を確かめてから六甲山頂へ
超有名な山なのに道が狭い。「有料でもよいから日本平並みの道幅が欲しいね」さるかん
 ↓ 
六甲ガーデンテラス P代¥500 http://www.rokkosan.com/index.html
 ↓さむ~い(>_<)・風も強くて鼻が赤くなっちゃた。 「六甲おろし」さるかん
 ↓ 

  081110_rookou081110_rookou_02  081110_rookou_01
 ↓ 
 ↓ 
15:00 チェクイン・銀水荘別館・兆楽 http://choraku.com/
 ↓ 081111_chouraku
 ↓ 
お風呂が、ショッパイw(゚o゚)w オオー!
「有馬温泉では、含鉄塩泉と炭酸泉があり、それぞれを金泉・銀泉と呼んでいる」さるかん
 ↓ 081111_arima_05  081111_arima_01 081111_arima_02 081111_arima_03  081111_arima_04
 ↓ 
 ↓ 
 ↓チェクアウトが11時までなのでユックリできるよ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

清水発-15・08年10月31日(金)

曇り・日照-02.2時間・気温11.9-19.1℃ 081101_01tenkizu081101_tenkizu
12時・静岡市曲金・19.5℃・南西  3m・日照0.1    
・湿度38%・気圧1019.1hPa。
清水・日平均 - 有義波-0.25m・周期-04.84秒
・最多波向-WSW
日の出/日の入り  6:06 / 16:53
干潮時(潮位)0:00(17) / 12:20(86)
満潮時(潮位)6:52(160) / 17:42(153)
潮     中潮
南高沖・10:00-外気温19度・水温20度 081101_taiba
濁り 澄み
沖風向 平穏のち南西強し
潮流 焼津
場所 南高沖西駆け上がり30~50m・駒越東80~90m
釣行 10:30~12:30
釣果 鯖38cm
081101_komagoe
移動している気圧ならば前日から予報してくれているが、突然に東シナ海に前線を伴った低気圧が発生した。清水では、早朝は北の風が吹いていたが、今は止んでいるそうだ。マリーナの桟橋でパラダイスさんに会った。行動に機敏性が感じられ、順調に回復されているようだ。私以上に海と船を愛する彼の気持ちは、痛いほど良く分かる。「沖で待っています。」081101_chouka
 海は凪いでいて曇り安定のような気がするが、前線が成長しているので急変しそうだ。そのことを常に頭に置いて沖に出だ。弱い北の風と潮流に乗り、羽衣前20mから流したが、餌取りが多い。ハリスの傷からフグの可能が高い。 東海大前も海技短大前・南高前の20mラインは、針が何本も有っても足りない。そこで、南高沖西駆け上がり40m付近に移動したのだが今度は、一変して餌も取られない。これは、これで、つまらない。更に沖に行き深場の鯖を狙いに行った。その頃からベタ凪、無風になりった。今までの経験から、この後に西または南の強い風が吹に違いない。南西の風が吹き始めた時に鯖が釣れ始めたが粘ることをしないで沖を揚がった。

沖からの風景

081101_sirasu            081101_rigantei_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »