« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

清水発-14・沖には出たけれど・・・

08年10月27日(月) 081027_eisei081027_tenkizu
曇り後晴れ・日照-08.1時間・気温14.6-23.5℃
12時・静岡市曲金・24.1℃・西南西  5m・日照1.0 
・湿度29%・気圧1009.4hPa。
清水・日平均 - 有義波-0.39m・周期-05.14秒
・最多波向-SSE
日の出/日の入り  6:03 / 16:58081027_kaze
干潮時(潮位)10:15(63) / 22:34(32)
満潮時(潮位)4:23(153) / 16:09(154)
潮     大潮
・--時-外気温--度・水温--度 
濁り 澄み
沖風向 定まらず・強し
潮流 --
場所 離岸堤周り・鯛場081027_taiba
釣行 09:30~11:00
釣果 --


  081027_kumo上海側から日本列島を囲むように太平洋に雲の帯が弧を描いているてめ、予報と天気図から西から北西の風になると読んだ。この風ならば、日本平の裏に居れば、多少強く吹いても、五中から海技校前の浅場ならば釣りができるのではないかとマリーナに向かった。 海岸線では、雲が張り出してサングリア前の風向計は、北西を示している「読みどうりだ」と言ったところ、スイカさんが「前もそう言って大外れだったよね」と言われたが北西では、初めてのことなので試してみる価値はある。マリーナでは、曇りで風が無い。そこで離岸堤で小鯵を4、5匹釣り10時に鯛場に出かけた。吹き合いを超えるとウネリはあるが進めないほどではない。沖では強い風が北から東へ90°近く小刻みに変わっている。両舷から竿を出すと、どちらかの糸がペラに絡みそうで、まず、スイカさんの仕掛けを下ろし、様子を見ながら自分の仕掛けを準備している時に南の突風が吹き危険を感じた。周りの漁師さんも帰港し始めたので、私達も大急ぎで吹流し前まで逃げた。吹流し前は、北東の風が吹いて安定しているのに鯛場では南西になっている。難しい・・・雲が無くなっていく時に気付くべきだった。そう言えば、亡き婆様が「雨雲が風に変わった」と良く言っていた。

「五中前で東海大の船と行き会い船尾の女子が手を振ってくれた☆Hey!ヽ('ー'#)/ Hello!☆」すいか
「デジカメの調子が悪い。殆んどピンボケ(+_+)」さるかん

沖からの風景

081027_utiumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

清水発-13・港内めぐり

08年10月20日(月)

晴れ後曇り・日照-08.8時間・気温17.5-25.6℃081020_tenkizu
12時・静岡市曲金・24.5℃・南南東  3m・日照1.0 
・湿度43%・気圧1014.5hPa。
清水・日平均 - 有義波-0.39m・周期-07.68秒
・最多波向-SSE
日の出/日の入り  5:56 / 17:06
干潮時(潮位)2:34(25) / 14:46(114)
満潮時(潮位)10:00(141) / 19:45(140)081020_okitei_aka
潮     小潮
沖堤赤灯台前・11時-外気温26度・水温22度 
濁り 澄み
沖風向 南東-弱
潮流 --
場所 離岸堤周り・沖堤赤灯台前
釣行 --
釣果 --

 凪で富士も綺麗に見えるのに、こんな日に限って昼から所用があり沖に出る余裕が無い。そこで、日の出埠頭まで停泊中の日本丸の写真を撮りに出かけた。しかし、埠頭全域を開放していると思ったのだがフェンスで囲っているので思うようなアングルが取れない。せめて中央のクレーンまで行かせて欲しい。そこで、急きょマリーナにに行き「燕」を下ろし海上から撮ることにした。船と富士の配置では満足の行くものが撮れなかったが、手を合わせ航海の安全を祈る女神のような女性像(藍青・らんじょう)を間近に拝むことができ感激をした。
写真を撮り終わりマリーナに帰る途中に余りにも良い凪なので「すいか」さんに頼んで離岸堤に変進してもらった。離岸堤外は透明度が高く日ごろ見えない所まで見えて怖いぐらいだ。海中に不純物がないのか、魚探の映りは良いがサビキを落としても見破られてしまうのかネンブツ鯛も針り掛かりしない。時間が無いのでデーターだけを取って沖を揚った。

沖からの風景

081020_kouro                         081020_kaizima

日本丸Ⅱ

081020_01nihonmaru  081020_02nihonmaru   081020_03nihonmaru   081020_04nihonmaru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

清水発-日本丸Ⅱ、入港

081017_kaze081017_masaki

本日、09時頃に日本丸Ⅱが入港予定のために、鯛場辺りで出迎えようと思ったのだが、ナライが、きつくて断念。
そこで、真埼の高台で出迎えることにした。高台では、多くのカメラマンが三脚を立てていた。

081017_01nihonmaru_ii    081017_02nihonmaru_ii    081017_03nihonmaru_ii

日程は、日の出埠頭で19日にセイドリル・20日一般公開・22日登檣礼(とうしょうれい)で出港。

※詳細

清水港管理局/イベント
http://www.portofshimizu.com/kankou/event.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

清水発-12・08年10月10日(金)

晴れ後曇り・日照-04.4時間・気温17.5-24.4℃081010_tenkizu 081010_tenkizu_01
12時・静岡市曲金・24.1℃・南  2m・日照0.4 
・湿度54%・気圧1019.3hPa。
清水・日平均 - 有義波-0.21m・周期-04.74秒
・最多波向-WSW
日の出/日の入り  5:48 / 17:18
干潮時(潮位)8:07(60) / 21:13(87)
満潮時(潮位)1:18(117) / 15:15(143) 081010_taiba
潮     中潮
鯛場・10時-外気温23度・水温22度  081010_fukiai
濁り 澄み
沖風向 北北東-弱のち南-弱
潮流 焼津・速
場所 鯛場-50~70m・駒越東-30~50m
釣行 10時~13時 流し釣り
釣果 鯖*12尾(解放有り)・約25cm真羽太(解放)
081010_fukinagasi
 自宅では北東の風が吹いているが、このところ雨と風に邪魔をされて気持ち良く釣りが出来なかったので高松海岸まで海を見に行くことにした。 凪いでいる所を見ると鎌ヶ埼では、北寄りの風が吹いているだろう。081010_sabaしかし、沖にウサギは飛んでいない。そこで、マリーナまで行くことにした。久能街道の駒越東のカーブから鯛場の青物狙いの船団が出来ているのが見えた。10月01日から03月31日までは、冬時間になり06時30分~11時30分までとなっているため少しの間だけ沖に行くことにした。沖では、マズメが終わったようで周りでタモを使っている様子は無い。鯖は良く釣れてくるので潮は悪くないと思うのだがイナダの顔を見ることが出来なく時間切れ。081010_hata風が弱くなり南に変わる傾向が見えてきたので駒越沖まで南下した。相変わらず鯖の活性だけは高い。しかし、30mより浅くなるとフグの猛攻で糸が傷だらけになってしまった。昼過ぎに雨が降り出したので沖を揚った。「すいか」さんは、実家や友達に電話をして鯖の注文を取り、イケスの中で必要数を残し、元気な物は解放した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »