« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月22日 (火)

毒棘(どくきょく)

 ハオコゼ(葉虎魚)やゴンズイ(権瑞)など鰭に毒の棘を持つ魚が、防波堤などので初心者にも以外に簡単に釣れてくる。親父は、釣りの上着のポケットに何時も「ニッパー」を持っていた。
 釣上げた魚の針を 外す時や活き〆する時に太刀魚の歯・鱸や鯛の鰓や鰭の棘で怪我をすることがある。鱸の鰓には、分かっているのだが背鰭の棘に気を取られていると、ヒッカケられてしまう。釣りを していれば良くあることだ。しかし、毒棘が刺さると、その毒による強烈な痛さで次回からは魚に触らずハリスを切ることを 選ぶようになる。私も海の生物には酷いめに遭わされた。
 カセでよく釣れたアイゴ(尾以外の鰭に多くの毒棘がある。)、夜釣りでの定番のゴンズイ(背鰭と胸鰭に3本のはっきりとした棘)、ミャク釣りでのハオコゼ(頭に付いている長い2本の棘が特徴で小さいだけに始末が悪い。)など危ない魚は、親父に扱い方を良く教わっていたはずなのに、全く違う方向からハオコゼの洗礼を受けた。それは、当時ミャク釣りに凝っていた親父と従兄の3人で日の出埠頭に行ったおりに親父の真似をしてミャク釣りをしていて従兄弟が釣り上げたハオコゼが、風に煽られて屈んでいた私のコメカミに当たった。余りの痛さで、うずくまってしまった私を 見て従兄が親父を呼んで来てくれた。親父は、まず刺さった箇所の血を吸い出した。傷口は小さいのだが、毒のせいなのか血が多く出たことを覚えている。刺さった場所が悪かったのかその後に歯痛や中耳炎のような痛さが続いたことを今でもよく覚えている。
 次は、高校の時で河口の波打ち際でサーフボードにうつ伏せに乗った時に、腹を剃刀で切られたような痛みが走った。慌ててボードから飛び降りたのだが、腹筋に力が入ってしまい背筋を伸ばすことが出来ない。もしも、あの時に足の着く場所でなければ多分、溺れていただろう。陸に揚がって見てみると幾筋ものミミズ腫れができて、その晩は、微熱が出た。後日、腹にくっきりと点々としたクラゲの姿を形どった瘡蓋ができた。生物の先生が私の腹を見て笑いながら「これは、明らかにアカクラゲだ」と言われ、恥ずかしくて、その年の夏はシャツを脱げなかった。
 これは、私ではないのだが、前浜に投網に行っていた親父が「エイにやられた」と言って帰ってきた。海底にいるエイを踏みつけて尻尾の棘に胴付きのゴム長靴の上から、やられたらしく、踝の少し上に2cmほどの傷があり、かなり痛そうだった。ゴム長にも5cmほどの鋭利な刃物で切られたような後があった。何故、棘が刺さったのではなく横に切れているのか疑問に思ったが、後年、船釣りでアカエイを釣上げた時に棘を立てて尻尾をグルグル振り回しているのを見て納得した。
 親父の時もそうだったが、傷の割には出血が多い。多分、蛋白毒のために毒性に溶血作用があるのではないだろうか。ならば傷から血液を吸いだすことは有効だろう。そして、蛋白質ならば変性をさせるのも有効で「患部を火傷をしない程度の高い温度の湯に漬ける」とよいと言われるのもそのためだろう。もう1つ、船頭さんに聞いた話なのだが虎魚などに刺されたら血を吸い出した後に、マッチに火を点けて、直ぐに吹き消して、そのジクを傷口に差し込むようにして焼いてしまうと言っていた。流石に海の男はやることが凄い。そして私には、とても実行する勇気がない。
 毒棘の文字を見ると体中に棘がある虫のような感じがするが、魚の場合は、ヒレに毒があるために、毒鰭棘(どくききょく)の方が分かりやすい気がする。

※参照:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アカクラゲ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2
※参照:WEB魚図鑑
ゴンズイ:http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000337_1.htm
アイゴ:http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000309_1.htm
ハオコゼ:http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000041_1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月12日 (土)

清水発-04・08年07月11日(金)

晴れ後曇り・日照-02.7時間・気温21.4-28.5℃080711_siome080711_tenkizu
12時・静岡市曲金・28.3度・南南東  2m・日照0.9 
・湿度69%・気圧1006.7hPa。
清水・平均有義波-0.24m・周期-5.69秒
・波向S
日の出/日の入り  4:41 / 19:02
干潮時(潮位)5:36(64) / 16:45(93)
満潮時(潮位)12:11(111) / 23:01(136)080711_chouka_02
潮     小潮・外気温26度・水温22度 
濁り 笹
沖風向 南
潮流 潮目多く安定せず 
場所 興津川西
釣行 10半時~12半時 流し釣り
釣果 鱚10尾 その他大勢 リリース有り080711_okitunakamati

  時間があれば「吹き合い」を回って駒越方面に行きたいところだが、今回も時間が取れずに近場で鱚狙いにした。 久能街道を走っていて、「すいか」さんが、面白いことを言った。それは、「シラスの船がいない時は、何時も風が出てウサギが飛ぶよね」と言うのだ。確かにそのような日には、帰り道で見る海はウサギか飛び交っている。080711_gomoku市場の関係ではなくて、これが意図的に天候のことならば、本職の人達の目利きは大した物だ。興津の健康ランド前から流し始めた。080711_chouka_01どのようになっているのか分からないが、大きな潮目が岸に対して縦に移動したり並行に移動したりしている。適度な風がありスパンカーは、利いているのだが、船の方向や流れが安定していないので釣りがし難い。 興津中町交差点前で、潮目のためか幼魚ではあるが多種の魚が釣れた。鱚・真羽太・貝割・魴鯡・ギンダの可愛い五目達成で「すいか」さんは喜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

埼と崎

御前崎の灯台にある、古い金属ネームプレートに「御前埼燈台」とあるのを見て、中高生であった私は、「埼」は、「崎」の昔い漢字だと思い込んでしまっい、それ以降、海図を見るまでは、気にも留めていなかった。そして、海図は「埼」を使い、地図は「崎」を意図的に使っていることを知った。そして「埼」は「ざき」と濁らず「○○さき灯台」と言う。そこで、何故だろうと言う疑問が生じる。「さき」は、湖や海に突き出た所が、まず頭に浮かぶ。日御碕灯台 や長崎鼻など、それに当てはまる漢字は、「埼」・「崎」・「碕」・「岬」・「鼻」がある。「鼻」に関しては、駿河湾に面した所に暮らしている私には、先端を意味するもので地名のイメージがなく、去年の秋、九州に旅行に行かなければ、思い浮かばなかっただろう。「岬」は、雄大で日本全土が入る位の広域の地・海図で確認できる半島の先の印象がある。「奇」は普通でない場所を意味して土・山・石が、その質を表しているのではないかとおもったが、真埼は砂浜にあるが、御前埼や石廊埼など、殆んどの灯台は、土では無くて岩場の上に立ったいる。私の見方が違うのだろうか・・・
 文献によると、測量した組織が戦前の海軍と陸軍で「さき」を海軍は「埼」・陸軍は「崎」として表したのが、ことの始まりだそうだ。今では、衛星写真なので自宅に居ながらにして世界中を上空から眺めることが出来る。しかし、古来より地図は、国家秘密だった。江戸時代後期のシーボルト事件は、伊能忠敬の日本地図が基で、関わった多くの日本人が捕らえられた。今では、たった1枚の日本地図のために処刑されるなど考えられないことだ。それほど地図は大事にされていたのだろう。当たり前のことだが、地図は海岸線を陸側から見て、海図は海側から見ている。同じ海岸線でも測量制作した組織と立場により随分、表現方法に違いがあるだろう。ましてそれが、陸軍と海軍の軍事機密の物ならば、なおさらだろう。専守防衛の今の日本では、戦前に存在していた軍隊のことは、脚色された映像や文章でしか知ることは出来ないが、陸・海・空の連携がなければ作戦の遂行は不可能であることは分かる。地図と海図が一体化した図があれば便利が良いと思うのだが、それぞれライバル意識が相当強く、折り合いが付かなかったものか、それとも機密事項が優先してのことなのだろうか、2種類の「字」の表現になっている。現在では、一体化した図が制作されている様子を見ると、やはり機密性が強かったのだろう。もしも、戦前に空軍省が存在していたらまた違った「さき」の表現が、あったのかも知れない。

※参照文献
海上保安庁海洋情報部/内/海の相談室/内/海の相談室FAQ集/内/「埼」と「崎」はどうなってるの?/
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/saki_saki.html
海上保安庁海洋情報部: http://www1.kaiho.mlit.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »