« 08/06/02 (月) | トップページ | ppm(ピーピーエム)・分率 »

2008年6月 7日 (土)

清水発-02・08年06月06日(金)

晴れ・日照-10.0時間・気温17.2-31.0℃080606_okisugawa_higasi
12時・静岡市曲金・28.5度・南西  4m・日照1.0 080606_tenkizu
・湿度46%・気圧1006.1hPa。
清水・平均有義波-0.52m・周期-6.17秒
・波向SSE
日の出/日の入り  4:33 / 18:58
干潮時(潮位)0:50(93) / 13:10(-10)
満潮時(潮位)6:01(151) / 20:20(154)080606_chouka
潮     中潮・外気温22度・水温21度 
濁り 笹
沖風向 南西 強し 
潮流 由比向
場所 興津川東
釣行 11時~12半時 流し釣り
釣果 鱚3尾 
 このところの曇り空を一掃するような晴れになった。気がかりなのは風である。天気図を見ても素人の私には、風の方向性は全く分からない。080606_okisugawa_higasi_zeukei予報では、西風が強く吹くとの事だが、自宅では弱い南風が吹いている。久能街道では、南風でウネリがあり波がテトラを超えている。こんな日は、港から離れない方がよい。マリーナでは、陸揚げされているヨットのマスト先端に付いている風向計が皆、富士の方向を示している。河岸を払い真埼を回ると、強くはないが東の風が吹いている。風を考えて鱚狙いで、興津川の東から風に乗せて港に帰ってくることにした。山下沖の落ち込む淵から始めた。富士の煙突の煙を見ると南東を示している。伊豆半島に当たった西風が回り込んでいるようだ。嫌な感じがする。砂浜になった辺りから橋まで間での岸から50~60m付近で当たりがあった。それより河口では、枯葉や小枝が積もって当たりがない。最初は、岸から100m以上沖を狙っていたので時間を費やしてしまった。080606_okisugawa_kaze12時を過ぎやっとポイントを掴んで二流し目に入ろうとした時に東風がピタリと止んだ。以前これには怖い思いをさせられたので大急ぎでスパンカーをたたみ港に向かったが5分もしな080606_marina_maeいうちに南西風が突風のように吹き出した。この風の時は、沖堤と興津埠頭の水路に波が立ってしまう。ウネリが白波に変わりつつあるので沖堤外を回るのも辛い。「すいか」さんに全速で興津側の水路に向かうように指示をしたが、ウネリが邪魔をして思うように回転数を上げられない。ウサギがチラホラ飛ぶ程度で水路を抜けたが港内でも中ほどまで来たときはウサギだらけで白く見えるほどだった。前回は急変するまで無風状態を含め1時間あったのに今回は本当にあっと言う間だった。

|

« 08/06/02 (月) | トップページ | ppm(ピーピーエム)・分率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/41459004

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-02・08年06月06日(金):

« 08/06/02 (月) | トップページ | ppm(ピーピーエム)・分率 »