« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月22日 (火)

水が抜ける

 親父には、贔屓していた初老の船頭さんがいた。自分から話しをする人ではなかったが、子供だった私の話も良く聞いてくれた。ある日に私が「何故、景色だけ見て何時も同じ場所に来れるの」と聞いた時に船頭さんが「そうだなぁ」と言って話してくれた。当たり前だが海の上には道路も無ければ建物も木も生えていない。現在のように緯度・経度を高精度で教えてくれるGPSなど無い時代では、「山立て」と言う方法を取る。それは、沖から目測で近い所の目標物と遠く目標物の重せ、それから自船まで正面から見たり肩口から見たりして延長線を引く。その線の数が多ければ多いほど海上での精度が上がりピンポイントになっていくために、何度も釣り糸を垂らしその付近を流し釣をすることになる。そして、水深と風景のデーターが増えていくと、水面下に等高線のような物(等深線)が意識できるようになり、海岸から、どんどん線が引けて、その線が増えて密になる。すると海岸線と水面の境界線が無くなり海面が引き始め海底が見えてくるそうである。そして50年以上に亘り、一本釣りの漁師として駿河湾の船上で漁をしていると、湾の底にある栓を抜いたように水が減っていく。仕舞いには自分の船が海上ではなくて釣り糸が届く何百mも上の宙に浮いているようになると言う。
 宙に浮くという感覚については、伊豆の磯でシュノーケリングなどをして遊んでいると、2・3mの浅瀬の岩場から急激な落ち込みの場所に出ることある、自分の身体に重力を感じないので、まるで崖の上から飛び出したような気になることがあり、浮かんでいるというよりも飛んでいる感覚があるので、なんとなく理解ができる。
 更に船頭さんは、谷間を吹く風のように潮流が翔け抜け、そこから見る海底には、落ちている岩まであるそうで、浅い場所には藻や海草が陸上の草木のように立って、時には飛び交う鳥のように魚が見えることもあると船頭さんは言っていた。もう、ここまで来ると現実離れして、まるで仙人と話をいているようだった。高校生だった私は「このじいさん、だいじょうぶかぁ」などど思って聞いていたものだ。
 しかし、自分も「燕」に乗り手前船頭で沖に出て見ると、あの時に「船頭さん」が言っていたことが「作り話」ではかったことに気づかされた。掛かり釣をしいてる時は、さほどでもないが、流し釣りなどしていると、道糸を通して海底の変化が良く伝わってくる。そして大きな駆け上がりや根掛がりなどする場所は、強く頭に刷り込まれるが平坦な所の窪みや「船頭さん」がよく言っていた「クソ石」(学校のグランドにポツリポツリとウンチが落ちているようで可笑しかった。)が見えてくるまでは、まだまだ 経験が必要だろう。 
 私の場合は海底地形図と魚探を使い、それを確認するように流して行くと比較的簡単に沖からの風景の中に水深の線が引けやすく、大まかではあるが海底地形図と実際の風景が重なり合ったイメージができた。それでも薩埵沖から駒越えまでの50mラインらしき物を1本引くのに5年掛かった。そして未だに1cmも水面が下がってはいない。GPSを駆使すれば、この様な作業は必要ではないかもしれないが、船頭さんが、遠くの景色を眺めながらピタリとポイント真上に止める姿に憧れる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月 9日 (水)

タウリン

 タウリンは、よくクスリ屋さんの店頭に棚に置いてあるドリンク剤や広告に何千ミリグラム配合など眼にしする機会が多い。
千mgと言えば1gである。グラム単位で扱われると、食品のようだが、れっきとした医薬品で薬局方や薬事法で管理されているので取り扱いに専門知識や資格が必要となる。そんなタウリンではあるが、以外に身近に存在している。それは、「するめいか」の表面に付着している白い粉の様な物で良く眼にしている物なのだ。そして、国内ではサプリメント(栄養補助食品)など単体で販売をしていない。結局、食事を介して摂取することになる。
 目薬や疲労回復にとドリンク剤に入っているので、身体に良い作用をする物だろうがいま一つピンと来ないタウリンは、タンパク質の合成には使われることが無いので、体内で遊離していて、特に筋肉には多く全体の半分以上が存在している。そして、コレステロールを低下させ、血管の拡張により血圧降下や血栓の予防、心筋の拍動や自律神経のバランスを整え、筋肉などの疲労による乳酸を抑えるなど多岐にわたる。そして、欠乏すると網膜や心筋に影響を及ぼすと言われている。
 人間の体内でも生成が可能なのだが、健康を満たすほどではないので、食材から摂る必要がある。しかし、動物性食品に含まれているため、バランスの取れた普通の食事をしていれば命に関わるほどの欠乏症にらないので、必須ビタミンやアミノ酸の様に積極的に摂る必要が無が、年齢と共にその代謝能力も衰えてくるために無視はできない。また、人は生まれた時には、生成能力がないために、初乳には多くのタウリンが含まれている。
 遥か昔し何億年も前、海水の塩分濃度が現在より1/3だった頃に誕生した生命体は、その後の地球全体の変化により塩分濃度が上がり始めて海中生物を取り巻く環境に生命を脅かす浸透圧と言う大問題が起きた。そこで細胞内外の濃度の均衡を保つために植物はカラギーナンやアルギン酸ナトリウムなどを蓄え、動物はアミノ酸からタウリンを生成したのではないだろうか。現在でも鱗や粘液で覆われた丈夫な皮膚を持つ魚よりも、貝や烏賊・蛸の様に外套幕で覆われている軟体動物の方が、それだけ浸透圧の影響を強く受けることになりタウリンの量も多く含んでいる物がある。
食事としてタウリンを摂取する場合は、コレステロールのことも眼中に入れなければならない。それは、タウリンを多く含んでいる生物は往々にしてコレステリンも多くなる傾向にあるからだ。いくらタウリンがコレステロールの低下に効力があるとしても、それを上回るコレステリンを摂る破目になっては考え物である。コレステリンとタウリンの比は次の通りになる。(*レバーや血合いなど部位によってタウリンの多く含まれている所もあるが、普通、食卓に上がる正身などを対象にしました。またタウリンは生育環境に大きく左右されるので参考程度に考えてもらいたい。)

              コレステリン        タウリン
帆立貝             1     対     23
牡蠣              1     対     18
甲烏賊             1     対      3
するめ烏賊          1     対      2
海老              1     対     1.5
鰹                4     対      1
豚肉              1.2   対      1
牛肉              1.6   対      1
鶏肉              4     対      1

帆立貝や牡蠣などは煮物にすると煮汁に溶け出してしまうので、汁も一緒に摂れる料理を考える必要がある。たとえば、鍋物の後に、御飯や饂飩など入れ「おじや」して食すなど利に叶っている。また、魚介類はプリン体の多い食品があるので、尿酸値の気になる人には注意が必要でないか。どちらにしても、更なる研究を重ねていただいて、一般に単体で販売できるように改正できれば嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »