« 今日の一行 | トップページ | 07/11/16 (金) »

2007年11月14日 (水)

清水発-16・07年11月12日(月)

晴れ・日照-10.0時間・温度10.3-19.4℃071112_tenkizu  071112_kaze
12時・静岡市曲金・20.4度・西北西 5m・日照1.0 
・湿度24%・気圧1001.4hPa。
清水・平均有義波-0.41m・周期-5.59秒
・波向-WSW 
日の出/日の入り  6:17 / 16:44
干潮時(潮位)0:02(14) / 12:26(88)
満潮時(潮位)7:00(156) / 17:42(149)071112_chouka_01
潮     中潮・外気温18.0度-水温 19度 
濁り 澄み
沖風向 定まるらず
潮流 焼津方向
場所 南高前→羽衣前→五中前
         →吹流し前→マリーナ前
釣行 09時~14時 流し釣り
釣果 ホウボウ1尾・鮗3尾
 とうとう最低気温が10℃を下回り、冷凍のコマセを取り扱うのも辛い時期に入ってきた。北緯40度付近に2つの強い低気圧があり20度付近には台風といった具合で等圧線も密になっている。071112_002yuureiika天気図を見ると低気圧の移動で北から西の風が吹くような気がする。駒越の丘からも富士がきれいに見えてはいるが東側に雲が出来つつあるので西風が吹き始めているようだ。清水側はまだ風もなく凪いでいたので西風を考えて東に向かうのはやめて、真崎を回ってから北に向かうか、南にするかを考えることにした。荷物を持って桟橋に向かうとオーナーが珍しい烏賊がいると言っている。覗いてみるとそこには、深海を持つ駿河湾に住み着いているのか、深い海を漂って来たものか、太い足と異常に長い足が2本づつあるスルメ烏賊のような形をした烏賊がタモに入っていた。ユウレイイカ:(http://www.zen-ika.com/zukan/41-50/p46.html)だそうだ。
 真崎を回ると弱い東の風?が吹いている、沖の台風の影響なのか?離岸堤の所で迷ったが、途中の東照宮前でシラス漁をやっていたので駒越の50mに決め南下をした。羽衣前の岸近くでは、弱い北東の風なのに沖の鯛場の船が南西に向いているので、真逆の風が吹いていることになる。071112fukinagasi 状況がつかめず南下をしていると、南高を過ぎた辺りから急に西寄り風が吹き出し、久能山から静岡の町が見える頃には更に強くなり白波には、なっていないが揺れが激しく釣りができる状態でなく大きな波に危険すら感じた。ここで初めて自分が風裏にいることが分かった。風の無い岸近くを、私はカワハギ仕掛けで、「すいか」さんはホウボウの仕掛けで20m辺りを港に向かって流した。071112_chouka_02南高前は、当たりがなし、羽衣前で「すいか」さんが40cm越えのホウボウを釣り上げた。五中前ではフグばかりで、吹流し前では乗せることが出来なかった。自宅に電話を入れると凄い風が吹いていると言っていたので再び沖に出るのを止めて内海まで流した。内海のマリーナ前で何かの群れが水面をバシャバシャとしている。正体を知りたくなりサビキを入れると鮗だった。群れの動きが早い上にウィンドサーフィンをしている人がいるので追いかけ回すことを断念した。

|

« 今日の一行 | トップページ | 07/11/16 (金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/17068835

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-16・07年11月12日(月):

« 今日の一行 | トップページ | 07/11/16 (金) »