« ぼったい    | トップページ | 清水発-13・07年10月22日(月) »

2007年10月13日 (土)

清水発-12・07年10月12日(金)

晴れ後曇り・日照-6.8時間・温度16.9-25.9℃071012tenkizu
12時・静岡市曲金・24.9度・東北東 2m・日照1.0  
・湿度50%・気圧1014.9hPa。
清水・平均有義波-0.26m・周期-5.61秒
・波向-SSE   
日の出/日の入り  5:49 / 17:17
干潮時(潮位)11:48(63) / 23:58(28)
満潮時(潮位)5:58(163) / 17:35(158) 071012_choka
潮     大潮・水温 21度 
濁り 澄み
沖風向 北東~南 弱
潮流 焼津方向 速
場所 鯛場・駒越東
釣行 09時~13時 流し釣り
釣果 鱛(エソ)1尾
 今回も太平洋側にある前線に向かって風が吹くと、大体において富士山から吹き降ろすようなナライになって港から出られなくなるので、半ば諦めていたが今朝、起きて南の窓から外を見ると雲がなく、弱い東の風が吹いている。湾内は今は弱い北風が吹いているが、こんな日は陽が高くなり気温が上がるにつれ南に変わってくる。私にとって、この読みが当たると自己満足に浸ってしまう。
  071012_taiba_sendan中々に自然との折り合いがつかず、ほぼ一ヶ月ぶりの本当に久しぶりの釣行になった。釣りに行けない期間が長くなると、欲求不満が情報アンテナの感度を上げてしまう。鰹やメジが大崩を通過して安倍川沖に来たとか、鯛場にワラサが来たとか、港内に太刀が入って来たなど、様々な方向からの情報が入りすぎて、釣行時の的を絞ることが出来ない。071012_taibaこんな時は、取りあえず鯛場に行って仕掛けを下ろすことにした。現場は平日にも関わらず20杯位の船団ができている。風下の少し離れた場所でスパンカーを張り、補機で近づいて行き船団の真ん中ではないが、かなり良い位置を確保した。餌取りは多くいるようなのだが、当たりが取れない。遊漁は、お客に何とか釣らせてあげたいのだろう他の船の間を縫うように探っていた。1時間ほど粘ったが他の船もタモを使っている様子もないので、北寄りの風と潮に乗せて駒越方向に流し、船団を離れた。東海大前の落ち込みに入る手前で、スイカさんの竿に良い当たりがあり上げてみると、そこそこのエソが付いていた。その後も安定して流すことが出来たが当たりが全くなく、付け餌もそのまま上がって来る。駒越に入り南よりの風になったので沖上がりをした。

|

« ぼったい    | トップページ | 清水発-13・07年10月22日(月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/16748596

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-12・07年10月12日(金):

« ぼったい    | トップページ | 清水発-13・07年10月22日(月) »