« 清水発-05・07年07月20日(金) | トップページ | 腸炎ビブリオ »

2007年7月25日 (水)

清水発-06・07年07月23日(月)

曇り時々晴れ・日照-1.7時間・温度24.2-28.7℃070723_tenkizu
12時・静岡市曲金・微風 -湿度80%・気圧1005.4hPa。
清水・平均有義波-0.28m・周期-5.18秒・波向-WSW   
日の出/日の入り  4:49 / 18:57
干潮時(潮位) 5:23(62) / 16:38(98)
満潮時(潮位)12:16(111)/ 22:41(133)
潮     長潮 ・水温 24度 
濁り 強し 緑 
沖風向 南南東 弱
潮流  清水方向
場所 興津川西
釣行 12時半~15半時 流し釣り
釣果 鱚・33尾 鱛(エソ)1尾070723_choka
 梅雨前線も途切れ途切れになり、梅雨明けも時間の問題。子供たちが夏休みに入り昼からゆっくりの家族での釣行になった。久しぶりにお父さんをしようとして、何時も使用しているデジカメよりワンランク上の物を使おうと張り切っていたのに玄関の下駄箱の上に忘れてしまった。しかし残念がっているのは、私一人で子供たちは今更写真なんて、もういいよと言う感じてまたまたがっくり。当初は港内で小鯵を釣ろうとしたが真茶色で魚探で探りながら離岸堤を回ったが反応がなく沖堤の赤灯台側でも反応はネンブツ鯛とスズメ鯛ばかりで鯵のが居なかった。アンカーを打って寄せようと思ったが船を止めてしまって、子供たちが気分が悪くなると可哀相なので、そのまま足を伸ばし興津沖の鱚に決定した。濁りが強く余り期待してはいなかったが、飽無い程度に当たりがある。依然ピン鱚が多いが船に慣れていない子供たちには丁度良い。道具も無いので今日は船頭に専念しようとしたが、何か物足りなく柔らかめの竿があったのでピン鱚を付けて泳がせて置いた、見ている時には何も無かったが船首側の娘の餌を付けていると、穂先が水面に刺さっていると言ってスイカさんが釣上げた。どうして置き竿は目を放している時に当たりが出るのだろう。そして上がってた来たのは52cmエソ、蜥蜴のように、口が大きく裂けた姿を始めて見たスイカさんや娘は、大騒ぎをしていた。
エソは釣上げた時の臭いと形相とは裏腹に正身は、全く癖が無い。粘りがあるその身は、足の強い蒲鉾の原料として重宝されていることが良く分かる。070723_goboten
070723_surimi
すり身の作り方(自己流)は、スプーンで身を削ぐようにして目立つ骨は抜いてしまう。当たり鉢に削いだ身と1~2%の食塩を入れ酒で粘りを調節しながら当たる。蒲鉾にするには空気を含んで白く見えるまで当たる。(フードカッターなどの電動の力を借りると楽にできる)。揚げる場合は塩と同量の砂糖(味醂でも可)を入れ潰す様に練っていく。(私的にはこの方が食感が気に入っている。)

|

« 清水発-05・07年07月20日(金) | トップページ | 腸炎ビブリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181000/15895634

この記事へのトラックバック一覧です: 清水発-06・07年07月23日(月):

« 清水発-05・07年07月20日(金) | トップページ | 腸炎ビブリオ »