« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

放流事業

 二昔前ごろに放流事業や栽培漁業は、それ以前の養殖業の欠点を補い、沿岸に生息する高級魚の稚魚を主に放流して自然の力で成魚にしてもらい、その後に回収する。データーを積み重ねて行けば放流を調節することで価格も調節できるとあって、画期的な事業だったはずだがこのところ余り世間の話題に乗らなくなった。
 私が思う要因の一つに回転寿司の影響があるのではないか。以前の寿司種(ねた)は、何百年に亘り職人が技や味を追求して芸術品の域まで達してしまった結果、最高食材に至り高額食品になった。ところが昨今の回転寿司は現代の食品工学を駆使し、世界中における幅広い食材を研究し低価格を実現させ、手軽に食せる食品にしたことにある。需要と供給のバランスはその時代の流れの中で成り立たせることは大変難しいことだ。
 単純に考えれば結果として、放流の対象となっている鮑や伊勢海老は続いているようだが鯛とヒラメは、成果は出たはずなのだが,採算が取れなかったと言うことなのだろうか、このところマリーナの桟橋でも真鯛の稚魚を見なくなった。
 船釣にとって鯛や平目は近場のターゲットとして人気があるので、魚影が濃くなると我々ような利益を追求するはけでもない釣り人には大歓迎だったのに、このままでは駿河湾北部の放流事業も途絶えてしまう気がする。
 流通食材ではないものとして考えると、清水港の黒鯛の稚魚の放流は、カセ舟の対象漁とあって30年前のことを考えると水質もよくなったこともあるが確かに成果が出ている。鮎釣りでは、鑑札の取得金を払うことで放流をする資金も得られるし、それにより魚影も濃くなり釣果も上がるので不満も無く鑑札制が成立している。たとえば沖釣りでは、由比沖の漁礁や三保沖の鯛場などの魚種のライセンスではなくポイントの利用料を支払うなどどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

夜光虫

 風の無い静かな夏の夜に夜釣りに行くと波打ち際が青白く光る、投げ釣りの時には際が良く分かって安全に釣りが出来るが余り魚が釣れた思い出が無いが,幻想的に光る波を見ていると時間が経つのを忘れてしまう。ところで原生動物である彼等は、海面をトマト色に染めてしまうほどの生命力を持っているのに何のために身体を光らせるのだろう。
 20数年前、静岡県の西部に静波海岸と言うところがあり,そこに勝又川が流れている。川の西側なのか東側なのか忘れてしまったが浜に突堤があった。あの辺りは回りに光るものが無いので新月の夜は夜光虫の光がよくわかる。そのような時に突堤の先端で見ていると魚の動きに刺激をされて,真っ暗な中で魚の形まで分かるほど夜光虫が光る。時折、1m近くの大きな光が横切る。大きさから考えて鯔または鱸だと思い餌に海苔と泥鰌を持って毎晩、静波まで通ったことがある。実際に目に見えるので何としても姿を見たかったが竿釣りでは無理で、親父が投網を打った開いた網が夜光虫で花火のように綺麗だった。網に掛かったものは鱸だったが思ったより小さくフッコサイズだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

水銀

環境省ホームページの平成18年版環境白書に環境問題の原点 水俣病の50年が目に留まった。
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/hakusyo.php3?kid=225

 水俣病と言えば有機水銀が頭に浮かび、それと共に昭和45年ごろに日本国中のワイドショーなどで取り上げられていて、駿河湾も田子の浦のヘドロ公害が報道されていたことを思い出す。それ以前、小学生だった私には清水港のボーキサイトの山、火力発電所の紅白の煙突、蒲原の軽金属の水力発電用のパイプ、富士の製紙工場の煙突群から上がる煙が力強くてかっこよく見えた。
 水銀は、太古より地球に存在し自然環境の中で循環する、体内での半減期が70日、簡単に言えば常温で液体で蒸発をする、約マイナス40度で氷り、360度で沸騰する。まさしく水のような金属だ。殺菌性が強いので農薬として「いもち病」の特効薬として多く用いられたり、医療用にも「水銀軟膏」や「赤ちん」などに使われていた。
 駿河湾北部に面したところにアルミ産業と製紙産業がある、それぞれ共通して科学薬品の苛性ソーダが使われる。現在は塩水を電気分解して製造する際に、水銀を使用しないイオン交換膜法で行われているが、1970年の汚濁法以前は電極に水銀を使う水銀法が主流だった。散布された農薬とは違い施設で管理をしていたので大丈夫だとは思うが不安はのこる。 
 3,4年前に妊婦と魚の水銀の摂取量についての発表について食物連鎖の上位にいる海豚と発育が遅い深海魚をあげた、その時に私は何故にマグロが対象にならなかったのか疑問に思った。それよりも何も,今でこそ静岡中東部の妊婦による海豚の摂取量はないに等しいが、今から50年前の昭和30年ごろは逆にまだ妊婦に勧めていた。今更そのようなことを言われてもどうすることも出来ないが・・・。
 
もう少し深く検索してみました。

平成17年11月2日の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 乳肉水産食品部会
「妊婦への魚介類の摂取と水銀に関する注意事項」
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03d.pdf

熊本大学学術資料 調査研究推進室 の 「水俣病からメチル水銀中毒症へ」
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/suishin/mercury/

 世界屈指の深さを誇る駿河湾の恩恵に与って生きてきた私にはショッキングな数値でわあるが、冷静なって考えてみれば生物は自然界において水銀のある中で生存しているので排出機能が備わっている、だだ人間がその数を大幅に増やしてしまった。そして無機水銀を有機かえる微生物が悪いのではなく私たち人間が元々の原因を作った。現在においては、データーの積み重ねにより障害が起きる過程が明らかになっているので、良く理解をしていれば恐れることは無く自己管理ができる。
  水銀は今後も世代を超えて問題視されるだろう。四方を海に囲われている日本の食形態における海産物の割合は大きく避けては通ることが出来ない。ならば義務教育の中で教え、伝えて行くべきではないか。

続きを読む "水銀"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

海技免許の更新・失効

070208_sikkokousyu_marinbiru01_01 「すいか」さんが海技免許を取得からは何時も操船を任せていたので、ついウッカリ忘れてしまい気づいた時には、失効1日前で大急ぎで手続きしてもらったが時すでに遅し・・・・情けない。
 


この5年間で追加された法定遵守で気になった物。
070208_sikkokousyu_tekisuto01_1 070208_sikkokousyu_tekisuto02_1 070208_sikkokousyu_tekisuto03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

環ちゃん??

 070119_11_01_01
マリーナに白地に黄色の目立つヨットの船体部分のような船がある。その姿形から何らかの観測が目的だろうが密閉されていて人が乗ると言う感じの船ではない。潮流に乗せての無人観測ならば、あの船形とスクリューが気になる。マリーナのオーナーに聞くと、この環ちゃんはディーゼルの発電機を使ってGPSとモーターで自走して金華山沖まで行って帰ってきたそうだ。
早速、家に帰りネット検索、ありました・ありました。
「かんちゃん」のホームページへようこそ http://senlab.oi.u-tokai.ac.jp/kan/kan-index.html 
なんと清水からハワイまで行けるそうです。
何時の日にか「環ちゃん」の子孫がダイヤモンドヘッドを背景に写真に撮られることがあったら凄いことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »